« カナダGP 決勝 | トップページ | 今日は軽く(のつもりが実際は…)90分ジョッグ »

日本選手権

基本的には、ハードディスクに録画したものを観ていましたが、たまたま生で見たのが女子の5000mでこれがまた感動もののレースでした。

スローペースを嫌って、新谷選手が飛び出してこのまま独走優勝と思いきや、追走した絹川選手が3900m近辺で新谷選手を捉えそのまま逃げ切りました。絹川選手については、2007年の大阪世界陸上以来のレースを観れただけでよかったのに、高校時代の”天才少女”と言われた頃を彷彿させる(というかタイムはその時より遥かに速いですが…)走りで優勝&A標準突破による世界陸上代表内定というのはホント感動でしたね。

4年間色々あったようで大変だったと想像しますが、やはり才能のある人がきっちりとした体調でトレーニングを積めばそれにふさわしい結果が出るのですね。

今の自分も彼女の言葉を借りれば、地獄にいる状態ですが体調を立て直しさえすれば、地上には出ることが出来ると信じて頑張っていきます。

|

« カナダGP 決勝 | トップページ | 今日は軽く(のつもりが実際は…)90分ジョッグ »

陸上競技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダGP 決勝 | トップページ | 今日は軽く(のつもりが実際は…)90分ジョッグ »