« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

モナコGP 決勝

J・バトンがポール・トゥーフィニッシュで今シーズン5勝目。今年はブラウンGP&バトンのタッグは強すぎ!もしかしたら、盆前にバトンがチャンピオンを決めてしまうかも?

2009052500000000tpnpmotothum000smal

| | コメント (0)

モナコGP予選

もう2時間ほどで決勝がスタートするが…。相変わらず、J・バトン、R・バリチェロのブラウンGPの速さは際立っているが、K・ライコネンが2位、F・マッサが5位に入るなどフェラーリが復活の兆しを見せてきているかな。マクラーレンもL・ハミルトンのクラッシュがあったがそれに続きそうな予感。

2009052400000001tpnpmotothum000_3  

| | コメント (0)

岐阜マスターズ

5000m、19分26秒26のSBの2位。先週はお腹の調子が悪くポイント練習が出来なかった状態でシーズンベストが出たのはよかった。動きも良くなってきているので2週間後の支部予選の5000mは18分台は出しときたいところ。不満は順位。また2位かよ~と行く感じか。シルバーコレクターはいつまで続くのか?

| | コメント (2)

愛知マスターズユニフォーム

注文していたのが、昨日届いた。ユニフォームを着るのは高校以来だが、ちょっと身が引き締まる思いだ。このユニフォームは愛知県マスターズ以外のマスターズの大会で着る予定なので明日の岐阜マスターズに早速着用したい。

Cimg1045_2

| | コメント (0)

中部実業団は欠場

お腹の調子が悪くとても走れる状態ではないので本日のレースは欠場。なんとか来週の岐阜マスターズには出場出来る様回復させたい。

| | コメント (2)

ビッグマウス

出張時に、よく電車の動画広告で見かける北島康介選手が出ているマクドナルドのCMが大好きである。(全国でオンエアーされているらしいが名古屋で見たことがないが…)その中でも、”今迄限界を感じたことがない!”という言葉が自分には一番響いている。他にもあのCMで北島選手が語っている言葉は全て自分自身をポジティブにするモノばかりだ。私も見習って常にポジティブな言葉を思うことが出来るようにしていきたいものだ。

トレーニング日誌の裏表紙に“デカイことを言う奴は最後にデカイことをする奴だ”と、”今迄限界を感じたことがない!”の二つの言葉を書き加えよう!

Gnj0812040504011n1

| | コメント (0)

スペインGP 決勝

J・バトンが4勝目!何か物凄く強いな~。過去5戦目で優勝を4回以上したドライバーはその年のチャンピオンになっているというデータもあるので今年のチャンピオンはもう決定?F・マッサは給油時の燃料が予定より少ないという、シューマッハがいた頃には考えられないようなミスで6位に後退。L・ハミルトンもポイントゲット出来ず、昨年の2強は一体どうなってしまったのだろうか?

2009051100000000tpnpmotoview000

| | コメント (0)

30周年記念誌

30周年記念誌
日本マスターズ連合より送らてきた会報を読んでたら世界・アジア・全日本大会での個人別の金メダル獲得数のトップは92個とのこと。凄いな〜私も少しでも近づけるよう頑張りたい!

| | コメント (0)

スペインGP予選

PPは今年3回目のJ・バトン。何か指定席の感が出てきたな~。F・マッサが4番手に入りフェラーリ復活の兆しが見えるが(これは単にシューマッハ効果か…)K・ライコネンがQ1落ちで(これもシューマッハ効果?)決勝でドタバタがないことを願うが…。マクラーレンは今回も予選は苦戦気味。それでも何とかポイントはゲットしてくるのではという気はする。今回、ブラウンGPの2台は軽めなのでスタートダッシュでどこまで逃げるかで順位が決まりそうだ。

2009050900000000tpnpmotothum000_3

| | コメント (0)

愛知マスターズ陸上のサイトが

最近見ることが出来ない。しかも、セキュリティーソフトが起動してしまう。どうしたのだろう…

| | コメント (0)

お墓

最近、朝練で八事山興正寺 でよく走るが(もっとも冬季は朝練の時間ではまだ周囲が暗すぎて走ることが出来ないが…)今日はいつものコース以外に良いコースはないかと探索&休養ジョッグの為に興正寺に。お墓の中を走っていたら、結構アップダウンがあるし、不整地なので体幹部も鍛えられるな~と思ったが、お墓の中を走るとやっぱバチとか当たるのかな~。そういえば、高校時代に平和公園で行われたクロカンレースに出場したがお墓を横切った覚えがあるな~

Cimg1043

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »