« スポーツクラブで… | トップページ | 今日朝練で… »

スポーツ大陸 考え尽くした道を走る~ハードル 為末大~

高校卒業後10年以上コーチに付かず、自分自身でメニューを作成してトレーニングを続けている彼の挑戦を追ったドキュメンタリー。今年の日本選手権で優勝したところで番組は終了するのだが、本人以外はまさか優勝出来るとは思えなかった状況下での優勝。そこにはいつも客観的に自分をみている彼らしからぬ感情にまかせて突っ走ってしまって、結果たまたま優勝した(彼のブログより引用)という言葉から異様な集中力から火事場の馬鹿力が出たのかもしれないが、最後の最後まで自分を信用し続けることの大切さを思い知った。

この番組を見た時に思い出したのだが、2005年のヘルシンキでの世界陸上400mHの決勝は荒天でレース開始時間が再三変更するという最悪なコンディションの中為末選手に勝った2選手(金・銀メダリスト)はその時に自己ベストを更新したという事実。どんな状況下でも自分のベストを尽くそうという考えだけは持ち続けようと思う。

050810_oth_ath_tamesue_goal_400

|

« スポーツクラブで… | トップページ | 今日朝練で… »

陸上競技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツクラブで… | トップページ | 今日朝練で… »