« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

全日本マスターズ5000m

P10100271 暑さもあり18分56秒88と19分を切るのがやっとであったが辛うじて6位入賞することが出来た。3000mSC以外の種目での入賞は初めてなのでとても嬉しかった。レースの疲労を早く抜いて来月の名古屋ハーフに向けてのトレーニングを再開したいと思う。

| | コメント (4)

関門橋マラニック

関門橋マラニック
下関のホテルから競技場迄走っていって200mに出場の選手の応援の後、関門橋まで走っていって地下道経由で門司に行った。この後はホテルに戻り入浴して1500mとマイルの応援に行こうと思う。

| | コメント (0)

全日本マスターズ3000mSC

全日本マスターズ3000mSC
朝10時からのレースということもあって体がイマイチ動いてくれなくてタイムは悪かったが何とかメダルを持って帰る事が出来た。あさっての5000mも頑張りたい

| | コメント (2)

明日から全日本マスターズ

下関へ向かう新幹線の中でのブログの更新。昨日の刺激もきちんと出来、後は明日の3000mSCとあさっての5000mのレースを向かえるのみ。2年前の調子位まで上げられたかどうかはわからないが、悪くても昨年よりは調子は良くなっている。トレーニングは今やれる最大のことをしたつもりだ。よい結果が出る事を信じてレースに臨みたい。

| | コメント (0)

ブラシルGP決勝

優勝K・ライコネン 2位F・マッサ 3位 F・アロンソ L・ハミルトンは7位に終わり1ポイント差でライコネンが2007年度のチャンピオンとなる。予選の感じからハミルトンがそつなく逃げるのではないかと予想したが、ミスなどもありライコネンが逆転。マッサも好サポートをして2位をキープしてアロンソの逆転王座も阻止した。正直シーズン中盤ではライコネンがまさかチャンピオンになれるとは想像さえしなかった。何もかも結果が出るまでは何が起こるかわからないから出来る得る最大の努力をしなくてはならないとF1の今シーズンから学んだ。

| | コメント (0)

ブラジルGP予選

PP F・マッサ 2位 L・ハミルトン 3位 K・ライコネン 4位 F・アロンソ チャンピオン争いをしている3強の中でハミルトンが一番前になった。アロンソはライコネンの後ろになってしまい少し苦しい気がする。いよいよこの一戦で年間チャンピオンが決まる。素晴らしいレースを期待したい。

| | コメント (0)

荷造り

荷造り
いよいよ、来週の全日本マスターズの為の荷造りを始めた。普段のレース参加は殆ど車
か、自転車の為あまり大きな荷物は持たないが全日本マスターズは泊まりになるので必
然的に荷物が多くなる。昨年は大き目と普通サイズのDバッグ二つにしたが嵩張って結
構辛いものがあったので鈴鹿のF1観戦した時にショップでキャスターバッグを見つけ
たので購入することにした。今回初めてこのキャスターバッグを使うのでその点でも今
回の全日本マスターズは楽しみである。(このバッグ結構高かった…)ネットで知り合
った遠方の仲間達とも再会出来ることもあるし又調子が上がってきているのでレースの
方も当然楽しみである。選手権の前ということもあり少しナーバスになってきているこ
ともあるがあと1週間大事に又楽しく過ごしていきたいと思う。皆さんもあと1週間体
調管理に気を付けられてばっちりの体調で下関でお会いしましょう!

| | コメント (2)

第2回駅伝強化競技会

10000mに出場。38分38秒62(手元タイム)であった。前半1周90秒位の集団について向かい風を防いで体力を温存出来たおかげで集団がばらけた3000m以降も1周93~94秒とさほどペースダウンすることなく当初の目的の92秒位のペース走がきちんとできたと思う。レース前の予想では後半は1周96秒位まで落ちて39分以上かかるのではと思っていたので現在の力から考えると上出来だったような気がする。又、今回のレースでいい刺激が入ったので、明日以降のトレーニングのペースも上げることが出来ると思う。2週間後の全日本マスターズ・その1ヵ月後の名古屋ハーフに向けてペース走のペースも上げていきたいと思う。

| | コメント (2)

名城ファミリーマラソン

レースでは私はいつも走る立場であるが今回は走る立場ではなく、大会の受付という立場でレースに関わることになった。上記マラソン大会は会社グループでの協賛という関係もあって今回の仕事(一応会社の業務ということに)をすることになった。雨天の為中止になってしまい(中止決定後に雨はやんでしまったが…)参加賞・ゼッケンの受け渡し以外のことは出来なかったが、ラン友に会うことも出来楽しく時間を過ごすことが出来た。(参加選手には少し残念なことになったが…)会場の片付けが終了後はしっかり自分のトレーニングを行った。(会場はよくペース走を行っている公園)

体調が徐々に上向いてきているので、今週末の10000mはトレーニングレースとなるが、しっかり走って全日本マスターズに繋がる様に頑張りたい!

| | コメント (0)

中国GP決勝

優勝 K・ライコネン 2位 F・アロンソ 3位 F・マッサ L・ハミルトンはリタイヤの為チャンピオン決定ならず。総合優勝争いは3位ライコネンも7ポイント差とまだチャンスがある。最終戦ブラジルから目が離せなくなった。

| | コメント (0)

中国GP予選

PP L・ハミルトン 逆転総合チャンピオンの可能性のあるK・ライコネンが2位 F・アロンソが4位となった。Q2のタイムから考えるとハミルトンは軽めの燃料の気がするが(というかアロンソが重めか)どれだけ逃げることが出来るかが勝負の分かれ道になるだろう。明日は上海の天気予報は台風が来るみたいで雨の可能性が高いようだ。アロンソは雨のレースではあまりよい結果を出していないのでハミルトンのルーキーチャンピオンにまた一歩近づいたか?

| | コメント (0)

日本GP雑感

今日から中国GPが始まっているが、様々な雑誌・ウェブ等で取り上げられている今回の日本GPの問題について率直な感想を述べたいと思う。

富士スピードウェイでF1が開催されるかもしれないという噂は数年前からあったので万が一(と当時は思っていた)そのようになった時には観戦に行けるかどうか自分なりにかなり検討してみた。今回の事態に比べると自分のシュミレーションはかなり甘いものだったがそれでもあと1~2日余分に休暇を取れない限りサーキットに行くのは無理という結論に達した。

自分としては1995年以来1回欠けた以外は全てサーキットで日本GPを観戦していたので鈴鹿で暫くの開催が出来なくなるという決定が出た時には非常に残念な気がした。自分にとって1年の中で行事化されたことであったし、又レースのない時間には鈴鹿の町で走ったり食事に行ったりするのがとても楽しかったこともありはっきりいって鈴鹿の町が大好きになっていた。やはり今年いけないのはとても寂しい気持ちだった。(鈴鹿シティーマラソンにエントリーしとけばよかったと同日の他のレースにエントリーした後に思ったのだが…)

さて、富士の件であるが色々な方の意見を見させて頂いたところ雨対策などがうまく出来ていないといったレース観戦初心者が多かったのではという気も多少するが、それでも今回観戦された方々には”本当にお疲れ様でした”と心から申し上げたいと思う。かなり大変なことが多かったように感じられたが今回のことでF1のことを嫌いにならないでほしい。FSW側のKAIZENもすると思うので(但し個人的にはどこまで出来るの?という気がするが…)鈴鹿の時には遠くて観戦出来なかった人にとっては来年ももう一度生で観戦できると思うので私が10回以上鈴鹿で感じた感動を是非味わって欲しいと思う。

来年も私は自宅でTVで日本GPを観戦することになりそうだ。生観戦は2009年までお預けだ。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »