« イギリスGP予選 | トップページ | 予定変更 »

イギリスGP決勝

K・ライコネン優勝。フェラーリ&ライコネンの速さが戻ってきたようだ。L・ハミルトンは母国初優勝こそ逃したが手堅く3位に入り連続表彰台の記録をまた伸ばし、2位になったF・アロンソと差の縮まりも最小限に留めた。前半戦が終わり大型新人のハミルトンがシリーズのトップに立っているという若干予想外の展開であるが4位のF・マッサまではワールド・チャンピオンの可能性があると思う。後半戦はどのような展開になるか楽しみだ?

|

« イギリスGP予選 | トップページ | 予定変更 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イギリスGP予選 | トップページ | 予定変更 »