« 土曜記録会 | トップページ | スペインGP 予選 »

あれから13年

5月2日朝、前日に行われたサンマリノGPの結果を見ようといつもの通りビデオを再生しながらの巻き戻しをしていた。普段であればほんの1~2分で結果がわかるのにその日に限って三宅正治アナと今宮純氏と川井一仁氏の3ショット画面が延々と続いていた。音声を聞いているわけではないので何が起こっているのかさっぱりわからずその時は予選日に事故で亡くなったシムテック・フォードのローランド・ラッチェンバーガーに弔意を示してGPが中止になったのかとくらいにしか思っていなかった。(もっとも事故が原因でGP自体が中止になったことは今迄なかったように記憶するが‥‥)時間がなかったので仕方なくビデオで結果を見るのをあきらめて、朝食を食べながら新聞に目を通したとき”アイルトン・セナ事故死”という信じられない記事を見ることになった。自分にとってのアイドルだったセナのレースでの事故死は相当なショックでいまだにその時のことは鮮明に記憶に残っているし、追悼番組中の事故シーンは今見ても涙が出てくるほどだ。

彼を知ったのが多感だった10代後半ということもあり、彼の考え方・行動等(他人に批判されるようなことを含め私にとっては共感出来るものが多かった)は私にとってかなり影響を受けるものが多かった。

その後、9歳上だった彼の生涯年齢を4歳上回る年齢になる迄に私自身の人生は色々あったが(その当時まさか自分が陸上競技を再開しているとは思ってもいなかったが‥‥)当時を思い返し自分がその時と比較してどれだけ成長しているのかを考える機会にもこの日はなっている。

http://www.youtube.com/watch?v=XX9yROP3-lU

|

« 土曜記録会 | トップページ | スペインGP 予選 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜記録会 | トップページ | スペインGP 予選 »