« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

土曜記録会

3年ぶりの中京大の記録会。トラックも改修され、反発の強い高速トラックになっていた。5000mに出場したが、18分2秒23と中途半端な記録に終わった。レース序盤から集団から離されほとんど単独走で終わってしまった。17分台では走れるだろうと思っていたので少しがっがりだが、5000mは来月の草薙での記録会でリベンジをしたい。

| | コメント (2)

バーレーンGP 決勝

1位 F・マッサ 2位 L・ハミルトン 3位 K・ライコネン マッサは前回の雪辱を晴らす快勝。又、ハミルトンはデビュー以来3戦連続で表彰台という初の快挙!本当に彼がいつ初優勝するか楽しみだ。又、3戦ともウィナーが違いしかもチャピオンシップポイントで3人が並ぶ大接戦。ヨーロッパRdがとても楽しみになってきた。この1ヶ月でどこが抜け出るのだろうか…

琢磨は残念ながらリタイヤ。早く初ポイントを挙げて欲しいものだ。

| | コメント (0)

国体選考・強化普及競技会 

3000mSC 11分54秒(手元タイム) 掲示されていた自分のタイムが11分40秒と考えられないタイムだったので(直前にあった地震の影響でカメラに異常をきたしたのだろうか…)手元タイムを記載。

昨年との比較では大体想定通りのタイムであったが、1000mを3’45で余裕を持って通過したにもかかわらず、1500m近辺で乳酸がたまりラップも4分を超えるまでに落ちたのでその辺が今後の課題になると思う。

次のレースは28日の5000m。あまり相性の良くない競技場でのレースであるがそれを気にせず臨みたいと思う。

| | コメント (4)

バーレーンGP 予選

PP F・マッサ 2位 L・ハミルトン 3位 K・ライコネン 4位 F・アロンソとフェラーリ・マクラーレンが互い違いに並んだ。マッサに逃げてもらいたい気がするが、ハミルトンもしくはアロンソが汚れた偶数列からのスタートにもかかわらずここ2戦で見せた好スタートでトップに立ちそのままいってしまうかも。

佐藤琢磨は今シーズン初のQ1で落ちてしまった。レースでのポジションアップに期待したい。

| | コメント (0)

マレーシアGP決勝

優勝 F・アロンソ 2位 L・ハミルトン 3位K・ライコネン マクラーレンの1-2で終わった。マクラーレンの優勝は2005年の鈴鹿以来(ライコネンのラストラップでの逆転は結構燃えたが…)アロンソはスタートでトップに立ちそのまま独走で移籍後初Vを飾りシリーズポイントでもトップに立った。ハミルトンも前回に引き続き表彰台にまたもや大物ルーキー振りを発揮した。

マッサはミスもあり5位に終わってしまいライコネンも3位どまりでフェラーリにとっては(というか私にとっても)少し残念な結果。

ルノーの大物ルーキーのコバライネンも今回初ポイントをゲット。将来のチャンピオン候補の活躍は今後も期待したい。最もチャンピオンになるドライバーはデビューから3戦以内に入賞するというジンクスはアロンソで破られたような気がするが…。

今回もスーパーアグリの初入賞はお預け。バーレンでの初入賞に期待したい。(このフレーズが定番になって欲しくないが…)

| | コメント (0)

マレーシアGP 予選

PP F・マッサ、2位 F・アロンソ 3位 K・ライコネン 4位 L・ハミルトンとフェラーリ・マクラーレンが交互に並んだ。マッサは1日目からずっと最速ラップを出している。決勝もこのままいくかも。ライコネンもエンジンの不安があるが明日の決勝はフェラーリのチームメート同士で優勝を争うような気がする。

佐藤琢磨は今回もQ1は突破。残念ながらQ2突破はならなかったが決勝でのポジションアップに期待したい。

| | コメント (0)

第1回名古屋支部陸上競技大会

今シーズン初レースは1500m。4分49秒16と昨年のシーズンベストを上回る記録だった。まだ、スピードに対する対応力がないので1周目はきつかったが2周目以降は学生達とバトルも楽しめたし、ラストも乳酸がたまりながらもペースダウンすることなく走り切れた。1500mについては5・6月に1レースずつ走るのでその時にはベスト更新を目指したいと思う。来週は3000mSC。ベストに近い記録を狙っていきたいと思う。

| | コメント (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »