« 今後の予定 | トップページ | 中国GP予選 »

フォームについて

昨日BS1のスポーツ大陸で末續慎吾選手について放送があったが、彼のランニングフォームは足をあまり上げずにすり足気味になっているが、これは日本人の体形にピッタリなのだそうだ。私は長距離という種目上あまり今迄フォームを意識したことがなかったが、気が付けばすり足気味のフォームになっていた。今はマラソン練習なのでスプリントの練習はしていないが、トラックシーズン(まだ半年以上も先の事だが)になったらペース走などの後などに短距離の練習も加えていきたい。

ベルリンマラソンでゲブレシラシエが選手が今期最高の2時間5分56秒で優勝、セイコースーパー陸上の女子1500mで小林祐梨子選手が4分7秒86の日本記録更新など陸上のニュースの多い1日だった。

|

« 今後の予定 | トップページ | 中国GP予選 »

陸上競技」カテゴリの記事

コメント

名古屋出張がなくなったことは残念ですね。折角名古屋の”聖地”名城公園を案内しましたのに…。
もう既に、仙台のことは忘れまたマラソン練習を再開しています。マスターズについては来年必ず雪辱します。

投稿: 104(とし) | 2006年9月26日 (火) 20時38分

104さん、ご無沙汰です。全日本お疲れ様でした。なかなか充実した仙台を過ごせてよかったですね。
さて、私も昨日のNHK見ました。すごく勉強になりました。私自身は大学生のころにトライアスロンをしていたときのランは疲れないようにすり足で走ればよいとの定説があったので実践していましたが関連があるかどうかは分かりません。映像解説付きだったのでいろいろ試してみたいと思います。
さて、私も横浜出張があるのですが11月21-22日なので残念ながらスケジュールが合いませんね。名古屋出張も該当する会議が消滅してしまったので残念ながら行くことはなくなりました。

投稿: あかまつ | 2006年9月24日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォームについて:

« 今後の予定 | トップページ | 中国GP予選 »