« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

中国GP予選

PP F アロンソ 2位 G フィジケラ M シューマッハ 6位 やはりシューマッハは上海サーキットは鬼門か?明日の巻き返しを期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォームについて

昨日BS1のスポーツ大陸で末續慎吾選手について放送があったが、彼のランニングフォームは足をあまり上げずにすり足気味になっているが、これは日本人の体形にピッタリなのだそうだ。私は長距離という種目上あまり今迄フォームを意識したことがなかったが、気が付けばすり足気味のフォームになっていた。今はマラソン練習なのでスプリントの練習はしていないが、トラックシーズン(まだ半年以上も先の事だが)になったらペース走などの後などに短距離の練習も加えていきたい。

ベルリンマラソンでゲブレシラシエが選手が今期最高の2時間5分56秒で優勝、セイコースーパー陸上の女子1500mで小林祐梨子選手が4分7秒86の日本記録更新など陸上のニュースの多い1日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今後の予定

今後のレース出場予定は次の通り

10月22日 日体大長距離記録会 5000m

    29日 名古屋支部選手権 10000m

11月5日  なごやっ子マラソン大好き人の大会 ハーフ

   11日 第3回駅伝強化長距離競技会 10000m

   23日 名古屋ハーフマラソン ハーフ

12月2日 第4回駅伝強化長距離競技会 10000m

   17日 防府読売マラソン フル

10月22日の日体大はレースが午前中であればDNSしますし、体調によっては11月5日もDNSするかも。

あと、東京出張(横浜青葉台泊)は10月23・24日及び11月14・15日です。onopapaさん、サイさん他皆さん練習会&反省会の開催宜しくです!

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツヤさん&ずぼらっちさんのページを追加

名古屋のお二方のHPをリンクさせて頂きました。

テツヤさんについては皆さん御存知だと思うので紹介は割愛致しますが、実は私が最初にBBSにカキコしたのがテツヤさんのページでした。住まいが同じ名古屋市内&同い年ということもありちょくちょくHPにお邪魔させていただき色々とアドバイスも頂いたりしました。昨年度に1500m~ハーフまでベストが更新出来たのもテツヤさんのお陰もあるのかなと感謝しております。今はかなりタイム差がありますが、少しずつでもその差を縮めることが出来る様頑張りたいものです。

ずぼらっちさんは、まだ走り始めて2年程度ですがフルでは3時間30分を切るタイムを出すなど、国際ランナーの一歩手前迄来ている方です。まだ、練習方法などわからないところが多いように見受けられますが何でも聞いていただけたら出来る限り答えさせていただきますのでどんどん質問して下さい。もっともここに来て頂いている方々の方が実績・経験もおありなのでそちらからお答えを頂けるかもしれませんが…

サイさん M60になったら2000mSCになるのでいかがでしょうか?(笑)私自身が高校時代は距離的には800m位が限度でしたが、ダイエットの為に最初はゆっくり長い距離を走っていて気付いたら3000mSCや5000mも距離的にそれ程苦にはならなくなった経験があるのでもしやと思っただけですが。でもスプリント力のある選手はやはり怖いですね。私も他の人にそう思われるようトラック時期には少し短距離練習も取り入れていきたいと考えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全日本マスターズ総括&あやとんさん・サイさんのページをリンクさせて頂きました

今回の全日本マスターズは、7月・8月にマラソンの足作りに専念したこともあり、スピードには全く対応出来ていなかったという感がした。今年初めて、12月のマラソンに挑戦することもあり(防府マラソン)体調作りも手探り状態の中全日本マスターズにおいては失敗という結果に終ったが貴重な体験が出来たと思う。又、競技の枠を超えて色々な人に話をする機会があったのでモチベーションアップにもつながった。全日本マスターズという場で沢山の人に様々な刺激を頂いたので、私もそのお礼の意味でも今後競技のレベルアップをしていきメダルもゲット出来る様頑張りたい。

あやとんさん、サイさんのページをリンクさせて頂きました。

あやとんさん 今回はお互い納得がいかない結果だったと様に思いますが、来年は(少し気が早いが)3000mSCで二人でメダル争いが出来たらいいなと考えています。防府でお会い出来るのを楽しみにしています。

サイさん 2種目でのメダルゲットおめでとうございます&2日間の反省会お付き合いありがとうございました。例の話まだ、一人でウケています。あやとんさんや、onopapaさんにもお話したいのですがここに書けるような内容ではないのでこの話題がホットなうちに直接伝える事が出来たらいいなと思います。そういえば、3000mSCで2位に入った選手ですが、400mHと掛け持ちをしていました。400mHと掛け持ちしていた選手がもう一人いて意外な組み合わせに少し驚いています。サイさんにとって3000mSCは自分でやってみたい種目に感じられますか?私としてはライバルが増えるのは少し困るので出来るだけ興味を持って頂かない方がありがたいのですが…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全日本マスターズ 3000mSC

全日本マスターズ 3000mSC

12分20秒91 6位 何とか賞状は名古屋に持ち帰ることが出来た。今週いっぱい休養して、日曜日からマラソン練習を再開したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全日本マスターズ 5000m

18分56秒10 10位 明日の3000mSC頑張ってきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終ポイント練習

全日本マスターズ前の最終ポイント練習を名城公園で行った。今日は、休日出勤の代休だったので昼間におこなった。雨で走り難かったが、今シーズンで一番いい感じでペース走が出来た。あとの刺激もいい感じで入れることが出来た。去年と比べるとまだまだであるが悪いなりにも何とかここまで体調をあげることが出来た。週末は仙台の天気もよくないみたいで雨の練習はちょうどよかったと思ってあと3日大事に過して今持てる力を全て出してきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアGP決勝

M・シューマッハが最初のピットインでライコネンを逆転、そのままトップでゴール!そしてトップ3の会見にて引退表明。以前書いたように引退表明自体は想像していたが、勝ったレースで引退表明できるとは(引退表明しようとしたレースで勝てるなんて)スターの凄さを感じた。3位に入ったロバート・クビサ(BMWザウバー)はF1参戦3戦目のルーキー。デビュー戦でいきなり7位入賞(その後車両規定違反で失格となるが)と大器の片鱗を見せていたがいきなり表彰台とは驚いた。去り行く王者と若い将来のチャンピオン候補。この2人が一緒の会見に何か因縁めいたものを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアGP予選

M・シューマッハのPP獲得かと思ったら、ライコネンが終了間際に1000分の2秒差で逆転PP獲得。アロンソはパンクの影響もあり5番手。予選後の彼のマシンであるがパンクしたタイヤが叩いたせいかカウルが破損していた。シューマッハに勝ってほしいが、高速サーキットのモンツァでクラッシュだけはしてほしくないので少し心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクして頂いているHPの管理人さんの紹介他

りかちゃんさん、こちらへのご訪問、記録会の要項ありがとうございます。りかちゃんさんにランママさんの怪我の件も伝えることが出来てよかったです。ランママさんがギブスをつけたままでエアロバイクをこいでいるところをブログで拝見した時、りかちゃんさんも怪我の時片足でエアロバイクをこいでいたっけと思い出したりしました。(私も高校時代、膝を痛めたとき片足で片道10Kの道程を自転車でこいで通ったことがありましたが)りかちゃんさんにリンクして頂いたお陰でこのブログへのアクセス件数も倍増しているので今後色々な仲間の輪が出来そうで楽しみです。

ここで、ブログ公開後すぐに(とはいっても公開してまだ10日くらいですが)リンクさせて頂いたHPの管理人さんたちを簡単に紹介させて頂きます。

まず、自然体で行こう!気まぐれランナーの日記のonopapaさんですが、月100時間位の残業時間という過酷な労働条件にも拘わらず時間をみつけてはきちんとトレーニングされ一定レベルの競技力を維持されています。私が同条件だったらと考えると頭が下がる思いです。昨年の全日本マスターズではonopapaさんの不調もあって何とか私の2戦2勝でした。今年は残念ながら直接対決はありませんが(来年、再来年もクラスが違うことになるので直接対決はないですね)その分気楽に応援が出来ます。仙台での祝勝会楽しみにしています。ちなみに、10月、11月は出張で東京に行きますが…

続きましては、あかまつ’S陸上競技ホームページのあかまつさんですが、専門種目が短距離、混成競技とかぶるものがないですが、色々なことにチャレンジしている姿に共感を持っています。今年は、お会いできる機会がなさそうですが来年は全日本マスターズも山口ですし、その前に名古屋出張もあるかもしれないので(私の方も、関西方面に行く機会が暫くありません)来年はお会い出来るかもです。

年齢になんかに負けないでずっと陸上短距離頑張るぞ!日記のtanabota1965さんですが、リンク集では(今のところ)数少ない愛知県在住の管理人さんです。マスターズの県記録更新間近まできている位のレベルの高い競技力を持たれていて、且つ競技力アップする為に貪欲な姿勢を持たれているのでそういった点を見習いたいものです。私個人的には、来年はスピードアップも課題にしているのでtanabota1965さんのトレーニングは参考にさせて頂きたいと思っています。全日本マスターズの最終日にお会いできそうなので、レース後どこかでお疲れ会でもしたいものですね。

最後に、彷徨えるウシの綾小路ウシ麿さんですが(初めてこう呼んだ気がするが)サブスリーの走力を持たれた競技力の高いランナーですが、時々ウシの着グルミを着て仮装して(本人曰くこちらが正装らしいが)大会に出ています。それでも10Kを40分切りする位の走力があるのでよく”ウシの着グルミ着たのに負けた”というクレームがあるとかないとか…。こちらも数少ない愛知県(しかも私の住んでいる隣の区)在住の方で、夜名城公園でペース走をしている時に応援してくれるのできつい時には特にありがたいです。これからはよく水曜日の夜に出没するので(今月13・20日を除く)よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアGP

今日より、モンツァでイタリアGPが開幕である。ちなみに、1回目フリー走行の結果はhttp://fmotor.nifty.com/f1gp/2006/09/f1__1c32.html またもやBMWザウバーのセバスチャン・ベッテルがトップタイムだ。トルコGPに続いての活躍、今後の活躍が楽しみである。あと、ミハエル・シューマッハがレース後、去就を発表することになっているが新聞報道同様私も引退会見になるような気がする。自分と同い年(生まれ月まで同じ)のドライバーが現役を退くと思うと少し残念な気がするが、F1界では最多勝、最多ポール、最多世界王者等ほとんどの記録を塗り替えてやることを全てやった彼に対してお疲れ様と言いたい気持ちである。鈴鹿で彼の姿を見ることが出来るのも今年が最後かも。(ちなみに来年は今のところ鈴鹿でF1が開催される予定はないが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走れおかあさん をリンクさせて頂きました

市民ランナーであればかなりの高い確率でご存知であろうあのりかちゃんさんのHPをリンクさせて頂きました。持論等かなり読み応えもあり、掲示板もいつも盛り上がっているHPです。私個人としては、競技レベルの高さはもちろんのこと狙ったレースでは必ず結果を出している勝負強さを見習いたいと常々思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ランママさんのHPをリンクに追加

ランママこと佐藤光子さんのHPをリンクに追加させて頂きました。6月にアキレス腱を断裂されて今リハビリ中とのことですが、ギブスを筋トレの道具にしたり、ギブスが外れない状態でもエアロバイクをこいだり、ギブスが外れたら自転車で150K走ったり、とその時々で出来ることの最大の努力をされて1日でも早く走ることが出来る状態になろうとされている様子がよくわかります。来年の大阪国際では見事な走りをされることだと思います。いつもパワーを頂いている方のうちの一人ですので、みなさんも是非パワーをもらってきて下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どなたか教えて下さい!

10月22日の日大長距離競技会ですが、次の日から東京出張の為青葉台に宿泊出来るので時間があえば、是非参加したいなと考えています。どなたか要項・申込書をお持ちの方がお見えでしたら是非メール下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は

土曜日だが、当番の為出勤だった。昼休みに某自動車ディーラーにて、Tシャツをもらってきた。写真を撮ったのだが貼り付け方がわからないので皆さんに見てもらえないのが残念だが、赤くてかっこいいものだ。サイズもちょうどなのですぐに着てみたい。赤いTシャツを着ているところを見られたら”もらい物のシャツ”と突っ込まれるかも。ちなみに、今度車買うのは15年後と決めているが…

1週間に1度の”早朝”走り込みは今までの中で一番よく走れた。ゆっくり長い距離を走ることについては大分足も出来ている様子だ。あとは、少しずつ速いスピードで走れるように持って行きたい。気温的に考えて、全日本マスターズが終ったら走り込みも昼に行うようにしようかと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »